京都府議会議員 わたなべ邦子ブログ

京都府議会議員(伏見区選出)わたなべ邦子の活動報告日記です。

5月27日

f:id:watanabekuniko:20200529105912j:plain

 

5月27日
京都府議会5月臨時会が閉会。
48億3400万円の補正予算等が可決・承認されました。
年一度の委員会等の改選もあり、私は
『危機管理・建設交通常任委員会...
『子育て環境の充実に関する特別委員会』に所属することになりました。
また、『関西広域連合議会議員』に選出され、月に2度ほど土曜日を中心に、大阪などでの会議に出席することになります。

f:id:watanabekuniko:20200529105652j:plain

 

5月25日
【京都ライブ】
毎月第4月曜日の19時半から、
KBS京都放送で、生放送!
5/25放送分の一部をご紹介します。

...

新型コロナウイルス感染症拡大を抑え込みつつ、社会経済活動を再開、両立するためには、感染リスクに気を配りながら、徐々に日常生活を取り戻していく必要がある。『withコロナ』

府民の皆様の命と健康を守ることが、知事に課せられた最大の使命である!病床確保にも努めてきた。
一般の診療部門にも影響が及ぶなど、医療全体の体制をどうするのか、しっかり整理したい。

府内の感染状況(5/25現在)
11日連続、新感染者ゼロ!

感染者358名
死者 15名
退院者 318名
入院対象者数 22名
宿泊療養者数 3名

○経済対策
新型コロナウイルス対策企業等緊急応援補助金「企業グループ支援
"助け合いの輪"推進」】
 厳しい状況の中にも、工夫して、グループで取り組む事業者への補助金、上乗せ!
元々、京都は地域の絆が強くて、助け合いの精神が根付いており、
このような時だからこそ、幅広い業種の方々が力を合わせて、取り組もうとされている事を支援させていただきたい!!

《実践例》
左京区『グリルにんじん』
テイクアウトと宅配事業、
大量在庫となったレトルト食品を
食材提供企業や農家と協力、
一体となって販路拡大。
今、一人では無理。
コミュニケーションをとりあい、
お互いの意見を出し合い、グループで取り組めば前に進める。

下京区 『ワイングロッサリー』
売り上げ80% 食品会社と協力して、ワインに合うお惣菜を一緒に開発。
流通業では得られない、新しいものをつくる喜び、可能性がある。
ディスカッションするたびに新しいアイデアが生まれる。
一緒に活動することで、元気になれる。
「2社以上」という企画が非常に良かった!

[知事]
我々が思っている以上に制度の趣旨を理解して、うまく活用していただいている!!
他にも広報や販路拡大の支援など、いろんな面でのバックアップができるので、活用してもらいたい。

新型コロナウイルス感染症危機克服会議】
商店街・小売業、伝統産業、観光、食、ものづくりの5つの分野で、
『withコロナ』社会での産業戦略、持続的に継続していけるよう、
速やかに施策につなげていきたい!

【京都経営者協会 小畑会長と】
在宅勤務やオンライン、便利で生産性あがることもわかった。
家族との触れ合いやゆとりのある生き方や価値観を感じられる時間もあった。

新しい事業・ビジネスのあり方、仕事のやり方、コロナを乗り越えた後の成長につながっていくのでは?
オンラインでできないものについては、今までと違う付加価値をつけて、工夫や特徴を出していけば、新しい成長がありうる。

文化の力も活かして、京都産業の新しい展望を考えていきたい。

5月24日

f:id:watanabekuniko:20200525151043j:plain

f:id:watanabekuniko:20200525151034j:plain

f:id:watanabekuniko:20200525151026j:plain

 

わたなべ邦子府政報告
   KUNIKOレター 号外

新型コロナウイルス感染症対策
ご家族や大切な方を守るため...
私たちにできること》

 情報は日々更新されていますが、
特に、京都府独自の支援策を中心に、編集・校正を繰り返し、
やっと、5月20日現在の広報誌が出来上がり、発送させていただきました。
 お届けが行き届いていないかとも思いますので、ご高覧いただける方、メッセージ頂戴できましたら、送らせていただきますので、よろしくお願いいたします。

5月22日

f:id:watanabekuniko:20200523175006j:plain

5月22日
京都府議会5月臨時会開会。

西脇知事から、
新型コロナウイルス感染症に関する府内の状況や、...
府民・事業者・医療従事者・福祉等、現場で献身的にご奮闘いただいている皆様方への感謝、
「新しい生活様式のもと、『withコロナ』に対応した社会を築くべく、府民の皆様方と共に全力を尽くす」と述べられ、
48億3400万円の補正予算はじめ、
京都府新型コロナウイルス感染症対策応援基金条例の制定など、8件の議案が提案されました。
 また、山内副知事から、
新型コロナウイルス感染症に係る京都府の対応状況』について、詳しく説明を受けました。

 

5月21日

f:id:watanabekuniko:20200523174738j:plain

f:id:watanabekuniko:20200523174745j:plain

5月21日
京都府も緊急事態宣言 解除】
京都・大阪・兵庫の緊急事態宣言解除が正式決定されたことを受け、京都府では午後6時半から、対策本部会議が開かれました。

○一部継続の休業要請の大半を、...
明後日23日午前0時から解除する。

《休業要請を解除》
*居酒屋を含む飲食店の営業時間・酒類提供の自粛要請を全て解除

*遊興施設、運動施設、遊技施設、
集会・展示施設

《休業要請を継続》
*夜の接待を伴う飲食店、ライブハウス、スポーツジムなど

*大学(都道府県を越えた学生の移動が予想されるため)
各大学にマニュアル作成を求めた上で、来週に改めて解除判断する

《解除後も自粛を求めること》
都道府県を越えた移動
*一定規模を超える催し

《西脇知事メッセージ》
新型コロナウイルスと共存するwithコロナ社会のスタートであると考えている。
コロナウイルスとうまくつきあいながら、社会経済活動を取り戻す。
そのためには、緊急事態宣言が解除された後も、感染拡大予防の為の慎重な行動が必要となる。
府民一人一人が感染しない、させない、そうした取組を引き続き徹底していただきたい。

 

 

5月21日
【第17回京都府新型コロナウイルス感染症対策 本部会議】

本部長(知事)からの指示事項

...

(1)京都府における緊急事態宣言の解除について

4月17日の発令以来、京都府の緊急事態宣言が35日ぶりに解除されたが、東京都や神奈川県等では、引き続き、緊急事態宣言が継続されている。
新型コロナウ ィルスは、依然、私たちの身近に存在していることを改めて認識し、引き続き、緊 張感を持って対策に取り組む必要がある。

 今後の対応方針に掲げた外出、イベントに関する要請や営業が再開される施設等 の感染防止対策が徹底されるよう、引き続き、事業者の皆様、関係団体等に改めて要請する。

 府民の皆様には、この後の記者会見で、新しい生活様式の実践等について、私から改めて協力を要請する。

(2)府民、事業者等への支援について

 この間、医師や看護師、保健師等の皆様には、今回の新型コロナウィルス感染 症に関する懸命の検査、治療等に取り組んでいただくとともに、院内感染等も懸 念される中、救急医療や地域医療をしっかりと守っていただいてきた。
また、多 くの府民や府内の事業者等の皆様には、極めて大きな影響が出ている。

 昨日、公表した新たな補正予算案には、こうした状況を支援するため、医療従事 者や妊婦等の安心安全の確保や地域医療機関の経営支援、中小企業等事業再出発支 援、大学の学校再開に向けた支援等を盛り込んだ。

 明日、開会される5月臨時議会で議決いただき次第、速やかに事業に着手し、既 に、実施している国や本府の支援事業とともに、十分、府民、事業者、医療機関等 の皆様に活用いただけるよう、取り組むこと。

(3)再度の感染拡大に備えた取組について
 引き続き、京都府医師会に全面的に御協力をいただき、検査体制の拡充や病床の 確保、宿泊療養の運用等、再度の感染拡大に備えた取組に全力を挙げること。

(4)最後に
今後も、国や市町村、関係機関等と一層連携し、事態の進展に合わせて、柔軟に 対応していく。

※いつも議会事務局から速やかに報告をいただきます。
西脇知事はじめ、職員の皆様方、いつもお世話様、ありがとうございます。

5月19日

f:id:watanabekuniko:20200523174248j:plain

 

 

木村やよい衆議院議員Facebookシェアさせていただきます

『緊急小口資金の申し込みの受付を、郵便局窓口で代行します!
5月28日から7月31日まで。

...

京都市伏見区は伏見東・伏見、乙訓は向日町・長岡開田・山崎の各郵便局で取り扱います。窓口業務時間等はそれぞれ問い合わせください。』